gymnopedie

| LOVE | TOPIC | LOG | LINK | ME | OTHER |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.11.25 Friday ... - / -
#愛すべき温度
「動物も怖いし魚も怖い、まったく君って人は!動物園にも水族館にも行けない、どうしろって言うんだよ」

頭を抱えてみせると彼女は困ったように俯いた。

「だって動物も魚も、いつかは死んでしまうでしょう。あったはずの温もりが失われていくのをただ見ているだけ、なんて恐怖でしかないわ」
ネズミやアヒルの着ぐるみなら別だけれど、と上目使いに僕をそっと見上げる。

「私は別に特別な場所に行かなくてもいいの。あなたの温もりを確かめていられるなら、そこが小さな公園だろうとあなたの部屋だろうと構わないの。あなたの温度、あなたの鼓動を確かめていられるなら」

そう言う頃には彼女は、僕を真っ直ぐに見つめていた。
彼女は今まで僕が出逢ってきた誰よりいのちに対して敏感で繊細で臆病で、また優しく美しい魂を持った人だ。
ニュースで殺人や虐待の報道がされているのを見ると即刻テレビの電源を切る。
人が死ぬような映画は絶対に観ない。
思春期にご両親を相次いで喪った影響が大きいのだろう、彼女は命のぬくもりを愛し、それが冷えていくことを何よりも恐れている。

「私より一秒でも長く生きて。あなたのぬくもりが最期まで私を包んでくれるように」

そう真剣に語りかけてくる彼女を、面倒臭いやつだと突き放して、抱きしめないだなんてことができるだろうか?少なくとも、僕にはできない。

「わかった。今度の週末も僕の部屋でだらだら過ごそう。お互いの温度を確かめていよう、ずっとずっと」

そう耳元で囁くとやっと、彼女は身体中に込めていた力を抜いて、僕にすべてを託してきた。
薄い肩、華奢な腰、僕より少し速い鼓動、僕より少し低い体温。
ああ、彼女は、生きてる。

「あったかいね、生きてるんだね」

そう、僕らは愛し愛されて、生きてきたし、生きていくのだ。





thanks!:夜風にまたがるニルバーナ
2008.11.25 Tuesday ... comments(0) / trackbacks(0)
#道化師の朝の歌
五時半から五時四十五分の間に目を覚ます。目を覚ますだけで、覚醒するわけじゃない。三十分から四十五分かそれくらい、布団の中で微睡むのだ。それは一日の中で、とても贅沢な時間だ。
携帯のフラップを開いて、うんざりとしながらベッドから這い出るのがだいたい六時十五分。目覚まし時計は、あるにはあるけれど、電池が切れている。電池の切れた時計は、少し物悲しい。

鞄の用意は前日の夜にすることもあるし、そうでないこともある。革製の少女趣味の学生鞄は、使い始めてまだ二年ほどにも関わらずくたびれ切っている。詰め込まれる教科書やノートの量を考えれば当然のことだ。ノート!CampusのA罫。ルーズリーフも使わないわけではないが、私はこのノートに全力で拘っている。固執していると言ってもいいかもしれない。赤い背表紙が整然と並んでいると、それだけで清々しい気分になる。多いときには七、八冊。何にこんなに使うんだろう、と思わないでもないが、実際使うので仕方がない。学校というのはそういうところだ。目的もわからず到達点も決まらずそれでも頭だけはいっぱしに使わざるを得ない。

学校がある日の朝はシリアルと決めている。それから紅茶。ミルクのときは濃い目に、レモンのときは甘めに。ストレートは滅多に飲まない。夏はアイスで冬はホット。パンは口の中でもそもそして食べるのに時間がかかるし、朝からご飯は食べられない。朝は時間もなければ食欲もないのだ。休日は、果物や卵やウィンナーやチーズ、近所のおいしいパン屋さんの焼きたてを、何分もかけて何杯ものココアと咀嚼するけれど、それは年に数えるほどしかない。だからこそ大切でもある。

家を出る準備の過程で、私が何にもっとも時間をかけるかと言えば歯磨きだと思う。私は歯磨きが好きだ。顔を洗って、水とドライヤーで適当に寝癖を直して気まぐれにワックスで髪を弄ったあと、ひたすら歯を磨く。そこで漸く、ずっとぼんやりとしていた身体がしゃんとする。化粧はしない。興味がないわけではないが、そんな余裕は今のところ、心にもお財布にもない。

お気に入りの、茶色の地に青いボタンがついたカバの絵柄のランチョンマット、保冷も保温もできるスグレモノ、に包まれたお弁当を鞄の中に突っ込んで、一応リーガルの、歩き方がおかしいせいで靴底が変なほうに削れているローファーを履いて、玄関を出て朝の空気を吸う。朝はいい。触れればしゃん!と音がしそうなほど、澄み渡った空気。空はどこまでも透明で美しい。始まるであろう一日に期待なんかしない。当たり前を当たり前として享受するために、ヘッドフォンから聴こえるアヴェ・マリアに意識を移しながら、ずんずん進む。私の足取りとともに、平凡な一日も、また。

*****

客観的に
描写的に
2008.01.13 Sunday ... comments(0) / trackbacks(0)
#あのとき確かに必要だった
ほんとうのことなんて何一つないのに、彼女はいつだって私にほんとうを求める。貝のように閉じた口をこじ開けて、押し殺した心を揺さぶって、吐き出させる。

苦手だ、鬱陶しい、煩わしい、消えてしまえ、…そんなあなたを、そんなあなただから、愛さずにはいられないんだ。

どれがほんとうでどれがほんとうじゃないのか、私は区別をつけられない。だってどれもほんとうでどれもほんとうじゃないのだから。仕方なく私は「不毛だ。」とだけ言う。すると彼女は「不実だ。」と言った。

また違う彼女との記憶が、呼び起こされる。世界一の大嘘吐きになってやろうよ、って、笑い合った彼女は今、陽の当たる世界を歩いてはいないかもしれないけ れど一瞬一瞬必死で生きている。それに比べて私はどうだろう。恵まれすぎて、他愛もないことに目を眩まされて、夢を与える嘘を吐く余裕を失って。嘘ばかり を綴り彼女と描いたどこまでも幸福な絵本は、引き出しの底に息を潜めている。
稚拙な落書きだけれど捨てられなかった。私はいつだって何も捨てられない。

何も捨てられない、それはひどく神聖で醜悪な行為だ。
すべてが大切で、すべてがどうでもいい。そしてキャパシティをオーバーして自分で自分の首を絞めて追い詰められていく。馬鹿みたいだ、と客観視している自分も同時に存在する。どこにも行けない私はどこへでも行けることばという名の逃げ場を偶然にも持って いた。本当に、偶然。

世界一の大嘘吐きになってやろう。
大嫌いだって言ってやる。大好きだって言ってやる。どちらもあなたが求める大嘘だ。ことばなんて結局全部嘘なんだ、誠実 さを偏重するあなたが語ったのだ、きっとこれだけはほんとうのほんとうなんだろう。同じ嘘ならば、少しでも人の心を温められるものを吐きたいと思う。冷たい掌でさえ独りじゃないということを伝えられるように。
世界一の大嘘吐きになってやろう。
*****
15歳が1人と16歳が1人と9歳が2人
ノンフィクションかもしれないしフィクションかもしれない、どちらでも構わない
2007.12.24 Monday ... comments(0) / trackbacks(0)
#クローゼット・メルヒェン
神は言う。
「愚と美の境目はなんと難しい」
天使は答える。
「あんたに難しいことをあんたより頭のお出来がよろしくないやつらがわかるわけねーだろ」
神は尚も続ける。
「俺は知りたいだけなんだ」
天使は嘲笑とともに返す。
「んで、そのあんたのくだんねー好奇心のために憐れ人間は犠牲になってるわけね。朝も夜もなく絵を描きペンを走らせる」
神はたじろぐ。
「別に犠牲にしているわけじゃ、ねぇよ。色彩に触れるのは活字を食すのは絶対的に幸福な行為だ」
天使は
「まぁね、神じゃなくてもさぁ、知りたいもんなんだろそれって。俺にはわかんないけど。ダヴィンチだってヒットラーだって美を求め人間を犠牲にしたんだもんな。なに、それじゃああいつらも神なのかよ?俺は誰に仕えるべきなんだ、何に仕えているんだ、教えてくれよ」
まったく戸惑ってなどいないように。困ってなどいないように。
ちろりと動く、赤い舌。
神はよろめく。その艶やかな様に天使の母親の姿が重なった。唯一無二の片想いの相手、どこまでも愚かな美神。

Jesus!

*****

いいことを教えてあげよう、
愚かだからこそ、美しいのだ
2007.12.17 Monday ... comments(1) / trackbacks(0)
#そこにあるニヒル、そこにないペーソス
ああ、もう。

立ち止まる。

どうして。

うずくまる。

こんなにも。

込み上げる。

好きなの。

嗚咽。


涙は、落ちない。


アスファルトに照り付ける太陽は容赦ない。
わたしは動けない。
癒えない、消えない。
立ち上がれない。
もう、終わったことなのに。
忘れられない。
忘れ方を、忘れてしまった。
許せない。
許せない自分を、許してしまった。
お腹の中にどす黒い感情が居座りとぐろを巻いて居座っている。
ぎりぎり、巻き込まれる。
ぐるぐる、眩暈がする。

あなたがすき。
あなたがきらい。

どちらも言わない、言えない。
自分の弱さが嫌になる。
立ち上がれないから匍匐前進。
戦争を期待する博愛主義者。
日常の中から小さなきらきらを掴んで無理矢理笑う。
醜い笑顔しか作れてないのもわかっているけど。
不細工なわたし。
不器用なわたし。
いっそ、透明人間になってしまいたい。
いっそ、嫌われてしまいたい。
……やっぱり嫌だ。

あのひとがすきだから。
あのひとがきらいだから。

わらえわらえわらえわらえ!


ああ、夏が。
2007.10.15 Monday ... comments(0) / trackbacks(0)
| 1/4 | >>