gymnopedie

| LOVE | TOPIC | LOG | LINK | ME | OTHER |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.11.25 Friday ... - / -
#振り向いて漸く気づく(果たしてそれは愚か)
1年間などといったロングスパンでの反省が苦手だ。
何かとても大切なことを忘れているような気がする。それくらいならはじめから何もしないほうがいいように思う。すべてが大切だったからだ。すべてを拾い集めて書き尽くすことなどできない。
でも、書かなければ本当に忘れてしまう。最近時間について考えることがとても多くて、私は腕の動きを早める時計を、どうすることもできずに眺めて、泣く。全部全部覚えていたいのに。全部全部こんなにも愛しているのに、消えていく。私の記憶中枢から、ぽろりぽろりと零れ落ちていく確信にも似た予感。それが悲しい。それが愛しい。
素敵な出会いをたくさんした。いままでで一番悲しいさよならをした。
恋をした。恋を失った。
泣いた、叫んだ、怒った、悩んだ、それを上回るくらい、笑った。
吹いて聴いて読んで書いて。
きっとこれからも何も変わらなくて、どれも特別なんかじゃなくて、所謂日常というものでそれ以上でもそれ以下でもなく、だからこそどれもがとっておき。
フォーラムにせよ読書感想文にせよ、私一人の力では何もできなかった。
みんながいたから、みんながいてくれるから、私はそれだけで何度でも立ちあがれるし、涙を引っ込められる。生きるために泣くこともあるのだと、教えてくれたのは誰だっただろう。
去年の今日、「今年の目標は可愛さと基本的生活習慣を身に着けること」と書いている。どちらもまったく達成できていない。それを問題だと思わないのが問題なのだけど。
自分が変わったのがわかる。きっと来年の私がこの文章を読んでも、何考えてたんだこいつ、と思うに違いない。それでいいのだろう。生きている限り変わり続けるのだ。
できることなら、その日を笑顔で迎えたいなあ、なんていうのは甘い考えだろうか。大人になんかなりたくないけれど、受け入れたい夢があるのだ。
魔法使いになるための、一歩ならば。私はいくらでも、頑張れるし、頑張らなくてはならない。
それが今年の目標。

続きは、innigのほうからいくつか去年書いたものをピックアップ。どれもが欺瞞でどれもが本音。活字から愛し返してもらえるようになりたいなあ。
29/12
終わりなんて、見たくないよ
もっともっといろんなことや人を、大切にしてくればよかったなぁ
甘酸っぱい後悔は、いつだって、とても深いところからやってくる
みんなまとめて大好きなんだ
この想いを届ける機会はもうないんだ
愛すべき人たちは、いつでもとても近くにいて、だからこそ、見失ってしまう
そうして、本当の意味で失うときになって、初めて気付く
手を離す時になってやっと、手を繋いでいたことを知る
優しくあたたかく守られていたことがわかる
あたしたちはそれを繰り返して、その胸の痛みにも次第に慣れて、大人と呼ばれるようになる


24/12
どうでもいい相手にはいくらでも優しくできる
どうでもよくなんかないのに、優しくせずにはいられない出会いに
心から感謝しています
ああ、とても、逢いたいな
2月には、来てくれるかな
愛してさえ、いるのかもしれない
面と向かってなんて、言ってやらないけれど
永遠のさよならなんて、ないんだから


22/11
ほんとは
この月の明るさも
あのとき流した涙も
忘れたくなどはないのだ
でも
人間というのはどうしても
忘れてしまう生き物で
だからこそ
たった一秒生きるために
命懸けにもなれるし
また、そうならずにはいられない


21/11
ありえない、と嘆くんじゃなくて
それも現実と受け止めて
前に進むことを覚えてほしいです
というのは、通り過ぎた者だけが、ゆえること


10/11
かなわない
敵わない
叶わない
適わない
恋ではなくて
愛なのだから


03/11
「貴女の杖になりましょう」
だなんて!

杖をなくした魔女
スペルを忘れた魔法使い
それでも奇跡は起こせるのかしら


26/09
あたしはことばが全能じゃないことを知っている
信じきってなどいない
純粋無垢な信頼を寄せるに足るものは存在しない
説明力不足を表現力で補うチープさ
粘り強さだけが売りなのです
単に負けず嫌いなだけなんだけども
文章で食うつもりも、それに対する希望も寸分も持たないのに必死になる理由はそれだけだ


17/09
縦の繋がりにせよ横の繋がりにせよ、属す、ということが苦手だった
枠内に収まることを求められる気がして、息が詰まる錯覚があって
そうじゃなかったんだ
ありのままのあたしが、あたしの最大限を尽くせば、存在価値だのなんだの小難しいこと関係なく、認めてくれる人が、確かに、いた
独りじゃないというだけでこんなにも肩の力が抜けるものなんだね
そりゃ、嫌われるよりは認められたい
でも、すべての人に好かれるなんて、無理に決まってる
愛し愛されるのが理想だけど、そう所詮理想
ありがとう、みんな、ありがとう


16/09
泣かないのは、無理だ
できるだけ、泣かない
涙は大切に使おう
出ちゃうものは、仕方がない
悲しくて泣くんじゃない
悔しくて泣く
全部欲しいと、駄々をこねて
それで何が変わるわけでもないけれど
溢れちゃうものは、どうしようも、ないんだ


29/08
夢を諦めないで
明日を突き放さないで
人間を愛して
生きてゆきたいです
それが、あたしが、あなたが、確かに存在するということ


09/08
「最後」なんてなければいいのに
でももっと、永遠、なんてものはないのだから
感傷的なのは好きではない
もう、いいんだよ
思いきり楽しめたら、それでいいんだ
あたしが/みんなが


29/07
また、泣いてしまった
立ち直ることなど一生できない気がする
なんでまだこんなにも好きなの、なんでまだ諦められないの、なんでまだ素直になれないの?


13/07
心があるから、しんどいし、辛い
だけど心がなかったら、嬉しいも楽しいもない
生きるのって、難しいなぁ
卑屈になりたくないのにね


06/07
世の中にはどうしようもないことがたくさんある
割り切る方法なら覚えてる、切ないことに
あたしはもうどんな「ごめん」も「だいじょうぶ」も信じないが
人間だけは、信じていたいね


24/06
そこになみだはいらないでしょう、あたしはおとなよ
むりにおとなになんてならなくていい、そのことばのもつあまさを、いったあなたはきづいていないのね


30/03
あの子をハグできた
心残りがなくなった
小さな体だ
すべてを背負う逞しい体だ


03/03
あのときのあたしはもうどこにもいなくて、あのとき誓ったはずのことばも絡めたはずの小指の熱もあまりに遠くなっていた、あたしのものじゃないみたいに
そのことにいまのいままできづけなかった
たった1年、風化してしまったのは思い出?いいえ、あたしのこころ
剥き出しにされて吹き晒されて
あたしがしなければならないのは、してやるって涙まで流したのは、ああ、


01/02
漠然と、限界、なんてものを予感させられる
知りたくないと目を背けたってもう、無駄なんだ

こわい


29/01
どうにか今日まで歩いてる
明日以降もきっと、こうして
これ以外に歩き方を知らない子どもなのだから


01/01
あ たたかなきもちが
け せないいたみを
ま ひさせてくれればいいのにね
し ってしまった
て いかんや
お となになるということ
め ざすものをみつけるということ
で うまれるそれ
と もなうよろこびも
う れしさもしりたいのです
ご うまんなわたしは
ざ ぶんと
い のちがなみうったから
ま っすぐ
す すまなければ
2008.01.01 Tuesday ... comments(0) / trackbacks(0)
#スポンサーサイト
2011.11.25 Friday ... - / -
Comment








Trackback
Trackback URL: http://yggr.jugem.jp/trackback/210
<< NEW | TOP | OLD>>